特集 SPECIAL FEATURE

サントリーブルーローズ「アプローズ」

サントリーブルーローズ「アプローズ」。奇跡の青いバラを金沢の花屋・正花園で販売致します。

14年の年月を経て作られた「奇跡のバラ」です

 本来青色の色素を持っていないバラ。そんなバラが青色の花を咲かせることは、不可能とされてきました。存在しない青いバラ、その花言葉は「不可能」。青いバラはこの世に存在することがなく、「不可能の代名詞」とされてきました。

青色の色素を生成する遺伝子を組み込むバイオテクノロジー技術が取り入られ、約10年に渡り研究がなされてきましたが、なかなかうまくいきません。
青色を作る遺伝子を組み込んでも、バラがその遺伝子を表現することができなかったのです。

苦難の研究の末、パンジーのもつ青色遺伝子により、青の色素を出すことに成功。長い年月をかけて誕生した「奇跡のバラ」なのです。

花言葉は「夢かなう」SUNTORY blue rose APPLAUSE

アプローズには「喝采」という意味が込められています

アプローズの拡大画像

14年の苦難の研究の末、この世に生み出された青いバラ「アプローズ(APPLAUSE)」。

夜が明けたばかりの空を思わせるほのかな青さ、みずみずしく豊潤な香りが心に響いてきます。

APPLOSE。その名前には「喝采」という意味があります。

ずっと追い続けた夢を、やっとかなえた喜び、新しい夢を見つけ、向かっていく勇気。その気持ちへの「喝采」を、多くの人にお届けしたいとの想いをこめて名づけられました。

花言葉は「夢かなう」

「夢 かなう」の花言葉をもつアプローズ(APPLAUSE)。

このバラはようやく咲いた青いバラ。
この一輪をぜひ、貴方の大切な大切な人へ贈って下さい。

世界でただ一つの貴方の想いを届けます。

夢はかなうと信じたその心に、その喜びに・・・。
「喝采」をお届けするように。
これから夢に向かう人へ応援をお届けするように。
感謝の想いを届けるため、プロポーズの想いを届けるため、「夢かなう」のアプローズが一生の思い出を演出します。

アプローズを大きな花瓶に生け込んだ写真
SUNTORY blue rose APPLAUSE 正花園でも取扱いを開始

5本以上のご注文からアプローズの取り扱いをしております

アプローズの花束拡大画像

正花園ではサントリーブルーローズ、アプローズ(APPLAUSE)の販売を金沢本店で販売を行っております。

サントリーフラワーズ契約生産地から直接店頭に送られてくるため、鮮度、品質ともに優れております。

販売にあたりまして、現在の所、不定期入荷商品のため、お客様のご予約を頂いてからの発注をさせていただいております。

ご予約の際は最低本数5本より受け付けております。

オンラインショップでの受付はしておりません。
お電話のみでの対応とさせていただきます。

商品紹介

単品販売

 正花園では当商品販売中、サントリーブルーローズ、アプローズ(APPLAUSE)を5本よりお買い求めいただけます(箱なし、ラッピングなし)。

他のお花と組み合わせた花束やアレンジメントも承っております。

アプローズを装飾したイメージ

Dear APPLAUSE(ディアアプローズ)

「夢 かなう」の花言葉と共に、大切な方へ想いを伝えるギフト「Dear APPLAUSE」。

人生の様々な局面で、夢をかなえた人、あるいは夢にむかって挑戦する人、大切な人、そして愛しい人へ、すべての特別な想いを届けます。

専用のギフトボックスには、美しいアプローズと華やかなアプローズの香りの香水がセット。
すべてにおいて贅沢なつくりが、美しい時を紡ぎます。

※ご注文時には5本以上のアプローズの購入が必要です。

香水(オードトワレ30ml)が付属します

アプローズは香りがよいのも特徴の一つ。

そのみずみずしく芳醇な香りは華やかさと上品さを誇ります。そのアプローズの香りを忠実に再現したフレグランスです。

香水として、またルームフレグランスとしてもお楽しみいただけます。

※香水のみの販売は行っておりません。

ディアアプローズの画像、香水とセットの画像
ディアアプローズ商品内容
内容数量
SUNTORY BLUE ROSE APPLAUSE1本
香水(アプローズの香り・オードトワレ30ml)1本
APPLAUSEブランドブック1冊

アプローズ(APPLAUSE)に関するお問い合わせ

サントリーブルーローズ「アプローズ(APPLAUSE)」に関するお問い合わせは下記お問合せボタンよりフォーム送信をご利用ください。店頭に直接お電話いただくことも可能です。

店内に飾られたアプローズの写真

関連記事:青色のバラ特集(2種類の青いバラ)

 青いバラと呼ばれるバラには2つの捉え方があります。不可能と言われた「青いバラ」。2種類の青いバラについて比較や考察の特集します。

画像リンクよりお進みください。

青色のバラ特集(バナー)