特集 SPECIAL FEATURE

「用途別」お花選び特集(花束・アレンジメント編)

実施期間

 フラワーギフトを送りたいときの最大の悩み事に「どんなものを送ったらいいのかわからない」「何を送ったら喜ばれるのか」「どんなイメージに仕上がるのか」と感じたことはありませんか?
 そんなときにおすすめなのが「用途別」のお花選び。今回は特に人気の高いカテゴリ「花束」と「アレンジメント」にフォーカスしてお花の魅力についてお話します。正花園では花束、アレンジメント選びには「フローリストのおまかせでお花を選んでもらう」という方法もオンラインショップで用意してあります。こちらの方にもご利用いただければと思っております。

アレンジと花束
フラワーギフト選びで「花束」か「アレンジメント」かで悩んだ人は多いはず…。

花束とアレンジメント-ギフトとしての使い分けは?

用途別にも微妙に異なる

 今回お客様はどのような理由でお花を贈るのでしょうか?お花屋さんに行ったときに「ご用途は何ですか?」とお店の店員さんから聞かれたことがあるかたもいらっしゃると思います。お花屋さんはお客様の「ご用途」をまずお聞きすることで「花束」「アレンジ」「スタンド花」「胡蝶蘭」「花鉢」「観葉植物」などのお花のカテゴリを絞り込もうとしているのです。逆に「ご用途」が分かることである程度、「おすすめのカテゴリ」を見つけることができます。

用途/商品カテゴリ花束アレンジスタンド花胡蝶蘭花鉢観葉植物
誕生日
御礼
劇場・発表会・コンサート
お見舞い
出産祝い
結婚記念日
結婚祝い
開業・開院祝い
新築祝い
送別・退職祝い
当選・叙勲祝い
上場・就任・襲名祝い
用途別商品カテゴリ(◎:非常におすすめ、〇:おすすめ、▲:例外的に当てはまる、-:頻度少なめ)

今回は花束・アレンジメントに注目

 ギフトフラワーのご利用としてダントツに多いカテゴリはやはり「花束」「アレンジメント」となります。(正花園では胡蝶蘭花贈りを非常に得意としているため、胡蝶蘭をご利用になる用途も非常に多いです。)今回は「花束」と「アレンジ」で迷った場合にどちらを選ぶ方がよりおすすめかという部分にフォーカスを当ててご紹介をします。

 お話を進める上で認識していただきたいことは、あくまで「よりおすすめ」なものを選ぶための解説であり、お客様ご自身が強いお気持ちをもって商品をお選びになる場合においてはお客様のお気持ちを優先していただきたいということです。フラワーギフトそのものが「お祝いをしたい」「喜びを表現したい」という気持ちのこもったものになりますので、「花束」や「アレンジメント」などお花のカテゴリにこだわらずにお花贈りを楽しんでいただければと思います。

お客様の喜びやお気持ちを表現することが一番大事

「花束」と「アレンジメント」の魅力について

花束、アレンジメントどちらもフラワーギフトとしては高い人気を誇ります。花束とアレンジメントのそれぞれの魅力について解説します。

花束の魅力

 花束の魅力は何と言っても贈るときの華やかさです。送別会などで皆様に囲まれて花束を贈るシーンはイメージしやすい花贈りのシーンですし、演奏会などで指揮者が花束を受け取っているシーンなどもとても華やかで素敵な印象を受けます。

 また、花束は贈りやすさや手軽さから見てもアレンジメントよりも選びやすいカテゴリであると思います。例えば「1000円で花束を作ってほしい」「3~4本お花を入れてミニブーケを作ってほしい」というご要望でも花束は商品が作れてしまうからです。卒業式などで登場する「お花の一輪まき」なども広い意味では「花束」に該当します。ライトな花贈りにはもってこいの商材が「花束」なのです。

華やかな印象の花束
華やかな印象の花束
ミニブーケ
数本から作れるミニブーケ

 花束とアレンジメントを比較して、「花束の方が軽くて移動しやすい」という点も花束の加点ポイントです。「皆様から花束を受け取ってお祝いされて、そのあと別会場で食事会…。」といった場合など、花束はアレンジメントと比較して移動が容易です。また、アレンジメントよりも持ちやすく他の荷物と一緒に移動することも出来てしまいます。

アレンジメントの魅力

 吸水性スポンジという画期的な素材が誕生して約50年。フラワーアレンジメントというデザインの自由度の高いフラワーギフトが生み出されました。アレンジメントは花束と比較してもデザインが多種多様で、表現力も圧倒的に広がりがあるのが特徴です。

 また、貰った後にお花の管理が楽である点もアレンジメントの魅力です。受け取った後、アレンジメントはそのまま飾ることができ、花瓶を用意してお花を活けなおすという手間もありません。アレンジメントは器がセットの商品なので器の水が少なくなった時に水を付け足すだけ管理ができてしまう手間いらずの商品です。

デザインの自由度が増えたフラワーアレンジメント
フラワーデザインの幅を広げたフラワーアレンジメント
お花の隙間から水を入れる
お花の隙間から水を足し入れて管理

一度にたくさんのお花をもらう誕生日や発表会などのシーンでもアレンジメントの威力を発揮します。そのまま飾っておけるので「素材」としていただく花束と比較して「その場を華やかに飾る」ことができます。発表会の会場で、楽屋で、フラワーアレンジメントはそのまま空間を飾ることができます。また、アレンジメントは病室に飾るお花においても面倒な花瓶の管理や水替えの作業が無いためお見舞い用のお花としても活躍しています。

器もバスケットや陶器、木製の器など素材も自由自在となり器も合わせたデザインができることもアレンジメントの魅力の1つと言えます。

陶器の器に装飾されたアレンジメント
陶器の器に装飾されたアレンジメント

花束もアレンジもおすすめの場合どう選ぶか

受け取る方が貰ったお花をどのように管理するのかを考えましょう

 用途別の表を見ても「アレンジも花束もおすすめです!」という場合が数多くあります。用途によって多少おすすめ度合は変わるものの「花束」と「アレンジメント」が登場するシーンとしては双方引けを取らずに人気の高いフラワーギフトと言えます。

 その中でも「花束かアレンジか?」という選択を迫られた場合、正花園では「お花を受け取る方がお花をどのように管理をするのか」を考えておすすめをしております。

花束がおすすめの場合

 花束をおすすめする場合は、受け取る方はお花を「さわる」必要があるという前提でおすすめをしています。お花を生け換えたり、花束を何分割かしていろんなところに飾ったり。花束は貰ったときに最低限の吸水処理は施してあるものの、ご自宅やオフィスに持ち帰った後はラッピングをほどき、お花を「さわって」何らかの処理が必要になります。逆に受け取った方が環境的や性格的にお花を「さわらない」と想定される場合、花束をお勧めしていません。

また、受け取る方に花瓶の用意があるのかどうかも注目です。花束を贈ったときに、お花を飾るための花瓶が必須アイテムとなるためです。

花束
花束は貰った後にひと手間「花瓶にいれて管理」

アレンジがおすすめの場合

アレンジメントをおすすめする場合は、受け取る方はお花の「管理の便利さ」を享受できるという前提でおすすめをしています。 アレンジメントには性質上お花を飾る器がセットになった状態でお花をお贈りするため、器に水を与えるだけで管理ができてしまうというメリットがあります。

お花の管理が大好きな人であっても、いろんな方から同時にお祝いを受け取られる場合においては「花束でいただくよりもアレンジメントの方がそのまま飾れて楽しめる」と思われる方が多い印象を受けます。

 アレンジメントはお花代以外に器代も料金に含まれてしまうため同じ予算を組んだ場合にお花の量が花束よりも若干減ってしまいます。

基本的に器がセット
アレンジメントは管理が容易

お花を選ばずお花を注文できる正花園のおまかせ花束・アレンジメントが非常に便利

 正花園ではオンラインショップ上でおまかせ花束・おまかせアレンジメントのお買い物が可能です。色と形の指定を頂ければフローリストがお花をおまかせでチョイスして花束やアレンジメントを制作致します。「あまりもの」を使うのではなく、正花園の常時150種類7500本の圧倒的数量の切花の中からお客様が選んだ色や形に合わせて「おすすめ」で制作するサービスです。

おまかせ花束(リンク画像)
おまかせアレンジ(リンク画像)

正花園オンラインショップでお気に入りのデザインを見つけよう

正花園のフローリスト達が手掛けた作品を商品として販売しております。
花束もアレンジもそれぞれ100点以上の商品がございます。ぜひご利用ください。

オンラインショップ花束リンク画像
オンラインショップリンク(アレンジメント)