コラム COLUMN

ミニ胡蝶蘭「宝船」の撮影を行いました

2022年1月23日、金沢の雪も少し落ち着きを見せたお天気の中、今日はミニ胡蝶蘭「宝船」の撮影を行いました。「宝船」は正花園が大変お世話になっている福岡県糸島市の三坂園芸さんのミニ胡蝶蘭「ピンクピース」の商品名。その名の通り舟形の器が特徴なのですが…。

今日撮影したのは円柱型の陶器鉢に入った宝船。
正花園のお花の写真を撮る専用のスタジオで撮影しました。外は雪がまだ道路に固まってくっついているというのに、この春爛漫なお花は満開の桜をさえイメージしてしまいます。

ピンクピースは花付き抜群、日持ちも抜群

こちらのピンクピース、以前三坂園芸さんを訪問した際にもお話していたのですが、花付きが良いうえに日持ちもかなり良いという特徴があります。三坂さんも品質UPのためにかなり力を入れてくださっているようで、数年前に見せてもらったサンプルよりもかなり花付きが良くなっています。

ピンクの花びらも中心部が濃いピンク、外側にうっすらとスジの入る可愛らしいお花です。

「宝船」は縁起が良い名前なのでレギュラー化したい商品

もともとは舟形の器にデコレーションされていて「宝船」のラベルが入っているのですが、こちらの本家「宝船」の方は以前に撮影が終了しているため、今日はこの「細長い宝船」の撮影だけを行いました。

お店の開店祝いや開業祝い、真っ白な胡蝶蘭は正花園が最も得意とし、目利きも「ここまでやるの?」という感じなのですが・・・。こちらのピンクピースも負けず劣らず品質はかなり良いです。店頭で少しずつでもいいのでこの縁起のよい胡蝶蘭を紹介して行けたらなぁと思っています。

どういうシーンでお客様におすすめできるのか、スタッフ一同で検討をしなければいけません。

置き場所はかなりスマートになります

大輪白胡蝶蘭のアーチと異なり、まっすぐ上を向いて咲いてくれるので(本当は白大輪もまっすぐ咲くのですが)、器から大きくはみ出して胡蝶蘭の花が人やモノと接触するリスクも低くなります。また、アーチの胡蝶蘭と比べれば商品が平べったいので省スペースな胡蝶蘭と言えます。

早いうちに特集ページを作ってオンラインショップでも購入できるようにしていきたいなと思います。