花屋・正花園求人情報>スタッフインタビュー
求人採用情報

正花園で一緒に働いてみませんか?正花園での仕事内容を先輩たちに聞いてみました。

正花園らしいお洒落な花を販売したいという想いから花の経験者とお花好きの販売員スタッフさんに集まってもらいます。

Staff

Profile:花に携わり7年。ホテルのブライダル等をはじめ、フラワーデザインに尽力。花や植物の幅広い可能性を広げる為、フラワーハートセラピーやカウンセリングを学ぶ。現在はその経験を活かし、人と植物の新しい関係つくりを提案する正花園の観葉植物ブランド「インリーフ」の監修。日本フラワーデザイナー。フラワーハートセラピスト。
Staff
現在の仕事内容はどんなものですか
 正花園のお店の店頭に立って切花や鉢物、観葉植物の販売をしています。お店に陳列するための商品を作成したりすることも多いですね。 また、それとは別に正花園の観葉植物ブランド「in leaf」の商品を開発したり製作したりするのも私の仕事です。そのためin leafの商品を販売してくれる協力会社さんとの打ち合わせを行ったり、イベントの時期が近いときなどは大忙しですよ。
 商品はお客様の視点に立って研究し、好みや年齢、性別などから相手の人に喜んで買っていただける商品作りに工夫をしていますね。 
Pic 仕事のやりがいや苦労は何ですか?
 仕事のやりがいはやっぱりお客様に喜んでいただけることです。商品やサービスをお渡ししたときにお客様が笑顔でいらっしゃってくれると本当に「よかったな」って思います。

 逆に苦労することといえば、喜んでもらえるために常に商品を変化させるということ。自分の過去の経験や勉強したことをうまく表現して、「お客様の求める商品」を作り出すことです。
 どんなに自分がすばらしい商品だと思っても、お客様から見ては同じように感じていただけない場合もある。それを理解しながら、変化をつけることは本当に苦労しますね。

 あと、正花園はたくさんのお客様がさまざまなジャンルの商品をお買い求めになります。一つのことに何時間でも費やすというわけにはいきません。現実と理想の差なのかもしれませんが、限られた時間の中で、お客様にとって「喜んでいただける」商品やサービスを考える。これってホント難しいです。
どうして正花園を選んだのですか
 私は正花園のホームページで求人案内が出ていて、面接を受けました。花の種類も多いですし、品数もたくさんあります。もともと大阪でお花屋さんに勤めていましたが、「仏花」や「いけばな」などの「和」テイストの部分はやったことがなく、いろいろなお花を学ぶことができると思い、正花園を選びました。
どんな社風ですか、仕事中はどんな雰囲気ですか。
 やるときは「もくもくと」。一息ついて「笑顔」。だらだらと仕事はしません。メリハリをもって仕事してます。
入社前よりも成長したことを教えてください。 Pic
 まず、責任感が成長したと思います。正花園の仕事はみんなで助け合いますが、担当をもつことも非常に多いんです。私は「in leaf」の担当をしていますが、商品の打ち合わせや売上など緊張感をもって仕事に打ち込んでいます。

 忍耐力も向上したと思います。入社間もないころは、いけばなの先生などにもご迷惑をおかけしたこともあったと思いますが今では信頼を頂いて仕事をさせてもらっています。

 私は仕事をするときに、「プロセスも大事、結果も大事」と思って仕事をしています。これは結果を出すことが好きだから。仕事に集中しうまく結果を出すために、責任感と忍耐力は大切です。
Pic 今後どのように成長していきたいですか。
 自分の中でゆとりや寛大さをもつことでしょうか。ひと回り大きな視野をもってお店やお客様、仲間のスタッフや協力会社様とかかわって生きたいと思っています。

 仕事中、お花の先生からお茶花やお花の組み合わせ方などいろいろなことを学んだりします。最近はいけばなを個人的に習い始めました。興味がだんだんと沸いてきます。
これから正花園に入社しようとしている人に一言
 正花園は一般的な花屋さんに比べ、お花の数や種類も多いお花屋さんです。出入りするお客様も本当にたくさんの種類のものをお求めになりますし、お花に関する幅の広い仕事に携われます。
 また、会社の外で話をすることもあります。お客様、パートナー(協力会社さん)、スタッフと仲良く接することができますよ。


石川県金沢市の花屋−正花園」はリンクフリーです。また、現在相互リンク先の募集をしております。
リンクサイト一覧相互リンクサイト募集について

金沢市の花屋-正花園