ブログ カレンダー
« « 2018 10月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3

花日記 - 最新エントリー

プール!

カテゴリ : 
花日記
執筆 : 
K    2014-7-30 23:50
今日は午後からお休み。
子供たちと健民プールに行ってきました。
繁忙期直前のこの時期、本当は涼しい室内でゆっくりと過ごし、体力温存に努めたいところですが、夏休みで暇を持て余している子供の姿をみると、ついつい無理をしてしまいます。
時計の針が12時を回るのを確認し、いそいそと会社を後に・・。
日焼け対策をばっちり施し、犯罪者のようにも見えかねない怪しい装いで、いざ20年以上ぶりの健民プールへ!!

実家から健民プールまでは自転車でも行ける距離なので、子供のころはしょっちゅう友達同士で訪れ、時間の経つのも忘れて遊びまくったものなので、大はしゃぎする子供たちの気持ちは十分にわかるのですが、大人になってからの炎天下プールは結構きつい!!
しかも、幼児が混ざっているばかりに常に一緒に行動しなきゃいけないし・・・。
30分ほどですでにヘトヘトだったのですが、結局閉園時間まで4時間以上も水に浸かりつづけました・・。
私、頑張った・・・。

...続きを読む

さよならコンテナ

カテゴリ : 
花日記
執筆 : 
K    2014-7-29 17:38
長年、正花園の外置き物置として活躍していたコンテナが、今日ついにその任務を終了し引退いたしました。
もともとは兄弟会社である春香園のトラックに積まれ、北陸三県を毎日のように走り回っていたコンテナ。
正花園に異動になってからも、夏の暑さや風雪に耐えよく頑張ってくれていました。
正直、まだまだ現役続行できるようにも思えたのですが、やはりかなり老朽化がすすんでおり、買い替えに踏み切ることに・・・。

今朝、業者さんが引き取りに来られたのですが、改めて見るとその大きさにびっくりします。
クレーンで釣り上げられての移動になりました。

...続きを読む

トウモロコシ

カテゴリ : 
花日記
執筆 : 
K    2014-7-28 16:27
昨日はトウモロコシの収穫体験もしてきました。
乳搾りにトウモロコシの収穫・・・いかにもJAさんらしい内容です。
こちらで作られているトウモロコシは有機栽培・無農薬がウリとのこと。
なんと収穫したものをその場で皮を剥いて、生のままボリボリ食べられるんです!

生のトウモロコシを食べるのは初めてだったのですが、甘くてみずみずしくて美味しい!!
子供たちも大喜びでボリボリ・・。牛乳⇒アイス⇒トウモロコシ・・・食べまくりでお腹を壊しはしないかとちょっとヒヤヒヤしたほどです。

無農薬だから、少々の虫食いもあり、中には不細工な形のものもありましたが、食品の安全性が大きな問題となっている今の時代、安心して食物を口にできるというのはとてもうれしいことですよね。

ところでトウモロコシの花ってどんな花かわかりますか?
「花」というと綺麗な花びらの付いた美しいものを想像してしまいがちですが、トウモロコシにはそんな花はありません。

...続きを読む

乳搾り

カテゴリ : 
花日記
執筆 : 
K    2014-7-27 23:40
JA金沢さん企画の親子バスツアーに参加し、能登にある春蘭の里、二子山牧場で牛の乳搾り体験をしてきました。
ノリノリの子供たちとは裏腹に、「乳搾りか・・・。暑いし、臭いんだろうなぁ・・・」と、若干ブルー入っていた私なんですけれども、現地についてびっくり!!

多少動物特有のにおいはするものの、鼻を突くような嫌な臭いではなく、牛舎の中も室温管理されているのか外より涼しいくらい。
綺麗なつやつやした毛並みの乳牛は、一頭一頭綺麗に手入れされており、乳搾りの前には手作業で丁寧な消毒がおこなわれます。

乳牛たちは少しも嫌がるそぶりを見せず、牧場のおばちゃんが「おいで〜」と呼ぶと、ゆっくり歩いて定位置におさまります。
たくさんのギャラリーが至近距離で取り囲んでも、全くおびえません。

牧場主曰く、子牛の頃から愛情たっぷりに育てているから、人を恐れないとのこと。
また、衛生面や餌、飲み水にまでこだわり抜いた飼育をされた牛は、ストレスがなく、よいお乳をたっぷり出してくれるとのことでした。

...続きを読む

花火

カテゴリ : 
花日記
執筆 : 
K    2014-7-26 22:11
今日ご紹介するお花。
花は花でも、夏の夜空に大輪の花を咲かせる「花火」です。
今夜は北國花火金沢大会。
例年のごとく、総合花き市場の駐車場にて鑑賞しております。

本当の事を言うと今年の花火は余り気乗りがしませんでした。
去年までは毎年母と一緒にジュースを飲んだり、アイスを食べたり、時には口喧嘩をしながらワイワイうるさく鑑賞していた花火。それを思い出してしまいそうなのが嫌だったからです。

とはいうものの、何日も前からこの日を楽しみにしていた子供たちを見ると、そうも言っていられず、重たい腰をあげました。

...続きを読む