ブログ カレンダー
« « 2018 10月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3

花日記 - 乳搾り

乳搾り

カテゴリ : 
花日記
執筆 : 
K    2014-7-27 23:40
JA金沢さん企画の親子バスツアーに参加し、能登にある春蘭の里、二子山牧場で牛の乳搾り体験をしてきました。
ノリノリの子供たちとは裏腹に、「乳搾りか・・・。暑いし、臭いんだろうなぁ・・・」と、若干ブルー入っていた私なんですけれども、現地についてびっくり!!

多少動物特有のにおいはするものの、鼻を突くような嫌な臭いではなく、牛舎の中も室温管理されているのか外より涼しいくらい。
綺麗なつやつやした毛並みの乳牛は、一頭一頭綺麗に手入れされており、乳搾りの前には手作業で丁寧な消毒がおこなわれます。

乳牛たちは少しも嫌がるそぶりを見せず、牧場のおばちゃんが「おいで〜」と呼ぶと、ゆっくり歩いて定位置におさまります。
たくさんのギャラリーが至近距離で取り囲んでも、全くおびえません。

牧場主曰く、子牛の頃から愛情たっぷりに育てているから、人を恐れないとのこと。
また、衛生面や餌、飲み水にまでこだわり抜いた飼育をされた牛は、ストレスがなく、よいお乳をたっぷり出してくれるとのことでした。
確かにこの牧場の牛乳は、牛乳嫌いの私でもおかわりがしたくなるほど、すっきりした甘さで、後味がよくとても美味しいんです!!
牛乳を使ってアイス作りもしましたが、これまた絶品!!
どれだけでも食べれそうです。

やっぱり手をかけてあげることって大事なんだな〜と実感しました。
お花は牛ほどは「生き物」って感じはしないですが、水替えやお手入れ、ちょっとした手間を惜しまないことで、綺麗な花を長く咲かせてくれるんだとおもいます。
暑い季節にはすぐにバケツの水がにおったりヌメついたりしがち。そんなことが絶対にないよう注意したいと思います。

あ、ちなみに初体験の乳搾りは超おもしろかったです!!ぷにぷにのおっぱいをぎゅ〜と絞るとお乳が勢いよく飛び出して、子供たちも大興奮。よい体験ができました♪

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.shokaen.com/home/modules/blog/tb.php/730

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧