ブログ カレンダー
« « 2018 6月 » »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

花日記 - 蓮の花

蓮の花

カテゴリ : 
花日記
執筆 : 
K    2014-7-14 15:36
お盆が近づくといきなりその存在感をあらわにしてくるのがこのお花。蓮の花です。

この蓮の花。お盆の時にしか花屋さんに出てこないといっても決して過言ではないのですが、なぜだと思いますか?
時期的に今が旬ということももちろんあるのですが、一番の理由はやはり「お盆用のお花として使われるから」なんです。

では、なぜお盆=蓮の花なのか。
それは、蓮の花が極楽浄土に生える花。仏教界のなかで最も格上の花とされているからです。

蓮は汚い泥水の中から美しい花を咲かせます。
透明に透き通っている澄んだ水の中では、小さな花しか咲かせず、その水が汚ければ汚いほど大輪の花が咲くとさえ言われています。

これは仏教の教えとも通じていて、悲しみや苦しみが大きければ大きいほど悟りが開ける、人として幸福になれるということらしいんです。
立ち直れないような苦しみも悲しみも全て、人生において美しい花を咲かせるために必要な土壌なんだと思えば、なんだか乗り越えていけそうな気がします。
以前ある人から、「人生は修行の場なんだから、辛いこと悲しいことがあってあたりまえなんだよ」と言われたことがあるのですが、それ以来日々の生活の中で壁に直面した時にはふとこの言葉を思い出します。
私は熱心な仏教徒ではありませんが、この言葉を思い出すとその時置かれている辛い状況も客観的に見ることができ、素直に「がんばろう」って思えるのです。

話はかわりますが、お盆には蓮の花びらにのって亡くなった方の御霊がお浄土から帰ってくるとも言われているそうです。
我が家は8月盆で、まだ1か月先なのですが、母がいつでも帰って来れるように蓮の花を飾ってみました。
ちょっぴり値段はお高めですが、極楽浄土の象徴ともいえる尊く気高い蓮の花。
皆さんも今年のお盆は蓮の花でご先祖様をお迎えしてみませんか?

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.shokaen.com/home/modules/blog/tb.php/718

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧